タスクについて

プロジェクトで必要な各作業を「タスク」として、プロジェクトの中に作成できます。作成手順は以下の通りです。なお、この他にも、編集、コメント追加が可能です。

  1. まずプロジェクト詳細画面を開いてから、左端のアイコン一覧のタスクアイコンをクリックします。
  2. 「新規タスク」をクリックします。
  3. タスク名を入力します。
  4. その他の情報を必要に応じて入力します。

    Attention!
    タスクカスタム項目には「顧客側担当者」や「納品場所」などの補助情報を設定できます。また、タグをつけることによって、検索がより容易になります。
  5. また、タスクの中に子タスクを作りたい場合は、上のタスク詳細設定画面の「親タスク名」で親タスクを指定します(あらかじめ親タスクが作成されていることが前提です)。タスク一覧では、子タスクは親タスクの左横見ある+ボタンをクリックすると表示されます。
  6. Attention!
    タスクの「下書き」モードについて
    タスク、子タスクとも、「下書き」欄にチェックを入れておくと作成者以外の人の「タスク一覧」画面には表示されなくなります。
    下書きを他の人にチェックしてもらうなど、共有する場合は、下書きのタスクのURLを共有することで、他の人からも閲覧が可能になります。
    また、下書きモードの間は、担当者のアサインおよびコメントもできません。これらは、「下書き」欄のチェックを外すとできるようになります。